第7回:大牟田のモモちゃん

プロダクトアウトとマーケットイン。前者は生産物を市場に売り込むことであり、いいものは売れて当然という考え。後者は市場の需要を見て生産することであり、お気に召すものをお作りしますという考え。市場データが増えてくるとマーケットインを経営に取り込む。今はやりのビッグデータはその最たるもの。

まちづくりも同じ傾向を持つ。まちが来訪者からどのように見られているかをあまり考えず、思いついた名物、祭り、有名人、出来事をぐいぐい前面に押し出す。名前を冠した施設やモニュメントを造ったり、パッケージだけ工夫した菓子を作ったり。しかもそこから一歩も展開しない、ストーリー性を持たない。

外から見たまちの景色、外から来て感じるまちの空気、来訪者の気持ちになって考えてみたい。そのうえで伝えたいまちの良さ、楽しさを選び出し、ストーリー性を組み上げる。来街者に迎合するとテーマパークになり、来街者の気持ちを無視すると閑古鳥が鳴く。

大牟田市は三井三池炭鉱で発展した街であり、炭鉱遺跡の世界遺産登録を目指している。候補施設を見学し説明プレートを読むにつけ違和感を感じる。いち押しが団琢磨である。三井の技官として炭鉱や港湾を整備し、確かに功労はある。過去の栄華を象徴する人物であるが今につながらない。

大牟田の商店街の衰退は激しい。しかし侘しさを感じない。市民交流推進や介護・障害者支援に関わる施設が点在し、優しさがある。大牟田は三池争議の歴史を持つ。歴史的評価は定まっていないが、少なくとも資本主義に対し検証を行った街である。そうした原体験がこの街の居心地を作り上げている。この街に生まれこの街の歴史に関わった向坂逸郎を打ち出すことの方が大牟田を語ることができる。予定調和でなく喧々諤々。収まりの悪さがまちはブラッシュアップする。

商店街を歩いていると猛然と花屋のモモちゃんが走ってくる。カメラを向けると脱兎のごとく走り去る。想わせぶりでそっけない。ツンデレならぬデレツンモモちゃん。モモちゃんはまちづくりを体現している。
大牟田商店街
"気"は残っている。侘しさはない
真面目な郷土菓子
おいしい。だけど「語れない」
花屋のモモちゃん
人懐っこくカメラ嫌い
株式会社まち実践社 〒142-0041 東京都品川区戸越2丁目6-2 (戸越銀座商店街)

Copyright (C) MACHIJISSENSHA. All Rights Reserved.